栄徳高校女子野球部! 本編 (完結)

第2章 夏大、はじまる

 ←第3章 エースになりたい! →第1章 問題児
千瀬高校との練習試合から約二週間後に、第二十四回全国女子高校野球選手権大会・宮城大会の組み合わせ抽選会が、栄徳高校の近所のスポーツ研修センターで執り行われた。
校欠で会場に赴いたのは、三年生の主将、菊池東亜(きくち・とうあ)、同じく三年生で副主将の金沢悠木、そして二年生の正捕手、澤一樹の三人だった。本来は榛名玲が来るはずだったのだが、彼女は成績低迷のため授業を休めず、代わって澤が来ていた。
金沢悠木は、澤と並んで研修センターに向かう道を歩きながら、ちらりと横目で相手を見た。肩も野球センスも頭も恐らくチームで一番のこの後輩を、金沢はあまり良く思っていなかった。彼女の性格が今一好きになれなかったからだ。相性があまり良くないのか、いつも会話が食い違って意思の疎通をうまく出来たためしがなかった。
澤はいつも飄々としている。試合で上がっているのなんて見たことがないし、冷静で指示も的確だった。完璧な配球、完璧な牽制、完璧な送捕球を難なくこなす上、足が速く、打撃にも優れていた。
彼女は、全国から引き抜かれた部員たちの中でも頭一つ抜けているのに加えて、成績もピカイチだった。
二年生の中で、プロのスカウトから最も評判がいいのが彼女だった。バッテリーである榛名も相当いい地肩をしているが、澤には一歩及ばない。
金沢は昔から疑問に思っていたことを、この機会に聞いてみることにしようと思って、口を開いた。
「………そういえば、澤は何でキャッチャーに転向したんだったっけ? 中学一年まではピッチャーだったんだよな?」
澤は、先ほど金沢が渡した抽選時程表を返しながら答えた。
「榛名さんの球を捕りたかったからです」
「――は?」
澤のゆるぎない答えに、金沢は一瞬面食らった。冗談を言っているのかと思って相手の顔をまじまじと見てみたが、彼女の表情は真剣そのものだった。
「榛名ってあの榛名? お勉強が滞りがちで、今日来れなくなっちゃった、我がチームのエースの榛名玲?」
「そうですよ」
「え―と………マジで?」
「マジです」
 澤は顔色一つ変えずに頷いた。
「………うーん、そういうこともあるのか………おれは、そういう理由でコンバートしたなんて聞いたことないんだけど……まあ、榛名はいい投手だもんな、分からなくもないような………でも、もったいなくないか、そんな理由で。いや、そんな理由でとか言ったら失礼かもしれないけど、澤はいい肩してるんだから、ピッチャーになったらそれこそ―――」
「キャッチャーにも肩は必要でしょ」
金沢の言葉を遮って澤がぴしゃりと言った。
「まあ、それはそうかもしれないけど………。それに、何でうちの学校来たんだ? 梢葉学院とか、南海大付属とかからも声掛かってたんだろ? 設備面重視するんだったらそっちの方が良かったんじゃないか?――栄徳も悪いとは言わないけど、上には上がいるもんだし………」
「私は、別にどこでもよかったんですけど、榛名さんがここ入るって聞いたので、それでここに―――」
 そう答えた澤に、金沢は驚いて目を見開いた。彼女はてっきり、二人が相談して進学を決めたものだと思い込んでいたからだ。
「示し合わせてうち来たんじゃなかったのか?」
「違います。私が勝手に榛名さん追っかけて来ただけ。……榛名さんは進路の事私に話そうとしなかったから、多分すごくウザがられてると思います」
それまで無表情だった澤の表情が、次第に陰りを帯びてゆく。それが本当に寂しそうでつらそうな顔だったので、金沢は思わず目を逸らした。
「でも、どうしても榛名さんと野球したかったから、あの手この手で教師から聞きだして、榛名さんが栄徳に行きたがってるってことを調べ上げたんです。………このことは榛名さんには絶対言わないでください、彼女は私が偶然ここに来たと思ってるから」
「……でもまあ、お前らはいいコンビだと思うよ。何ていうか、年季入ってるし、相性もいい。バッテリーってのは組む年月が長い方がいいっていうからな」
実際には、バッテリーの質は必ずしも時間に比例しないことは分かっていたが、金沢はそう言わなければならない気がした。
彼女の話など聞こえなかったかのように、澤はうつむいて小さな声で続けた。
「―――自分でもわかってるんです。私なんか榛名さんとは釣り合わないってこと。嫌がってるのに無理やりつきあわせてる、最低な捕手だって………それでもどうしても榛名さんと組みたくて、ここに来たんです」
「釣り合わないってことはないだろ。実際、澤は正捕手なんだし、実力で選ばれて組んでるんだからさ。………お前打率もいいしなあ。四番のおれよりいいとか本当ムカつく」
「そりゃ四番用の配球と六番用じゃ全然違いますから。先輩、他校によく研究されてますし。……私だって四番になったら、今みたいには打てないですよ」
「まあ、そういうこともあるかもしれないけど、それにしてもさ………澤、配球は読めるし、速球で力押しされないし、死角あるの? おれは、いつかお前に四番持ってかれそうで怖いよ」
 そう言って頭の後ろで手を組む金沢に、澤は、買いかぶり過ぎですよ、と言って笑った。
――澤は四番になっても自分より打つだろう、と金沢は思った。相手側の配球が読める上、思い通りに動く体を持ったこの後輩はプロの器だ。
稀にいるのだ、こういう、天賦の才を授かった人間が。金沢は自分がプロで通用しないとは思っていなかったが、そこで活躍できるかは疑わしく思っていた。
やがて会場に着くと、若干緩んだ表情の後輩と、緊張でそわそわしている主将の菊池と共に席につき、金沢は一人思案にふけった。
澤が榛名を追いかけて栄徳に来たというのが本当なら、もし榛名がエースから降格したらどうなるのだろう? 剛腕のサウスポー、丹波ミサキにポジションを取られたりしたら、澤はどう出るのだろう?
もし榛名が故障したら? 榛名がいない舞台でも澤は野球を続けるだろうか? それとも―――。
金沢は首を振って浮かびかけたイヤな考えを頭から追い払い、続々と集合する近隣校の選手と指導者たちを眺めながら、自分の予感が当たらないことを願った。
やがて出場校がそろうと抽選が開始された。くじ運の悪さは折り紙つきの主将、菊池は、今回もその才能をいかんなく発揮し、外れくじを引いてくれた。

 学校に戻ると、ちょうど二校時目と三校時目の間の休み時間だった。
クラスに入った途端、チームメイトの沖一沙(おき・かずさ)、金井有朱(かない・ありす)、新堂めぐみが抽選結果をききに飛んできた。沖は副主将で、金沢と同じくレギュラーメンバー、金井と新堂は二軍の選手だった。
金沢が、三回戦で、県内四強のうちの一校である将元大付属高校と当たることを告げると、野球部の面々はまたか、といった反応を示した。
「まあ、菊池のくじ運悪いのは今に始まったことじゃないだろ。去年の秋大も思いっきり強いシード引き当ててきたしな……。仙商戦であんなに消耗しなきゃセンバツいけてたかもしれなかったのにな。投手もバテバテで、準決以降はグダグダだったよな」
そう言ってトーナメント表のコピーを見る金沢を、まあまあ、と宥めながら、沖が言った。
「将元は、今年投手の出来がイマイチらしいからチャンスかもよ。試合のビデオ見た感じだと、エースの藤巻は体格があまり良くなくて体力に問題がありそうだ。完投もほとんどしてないし、粘って球数を投げさせれば、早々に引きずり降ろせるかもしれない」
「それにはまず、沖が打ってくれないとな」
金沢の切り返しに沖は苦笑した。
「厳しいなあ」
「足速いしセンスもあるんだから、上がり症をどうにかしろ。あんまりのんびりしてると打順下がるぞ」
金沢の見立てでは、沖は資質も努力も申し分ないが、勝負強さが足りない選手だった。短距離のタイムは校内でも上位五パーセントに入る俊足の持ち主で、バッティングもそつがない。守備も固い。
しかし、ここぞという時に打てない勝負弱さが彼女をクリーンナップから遠ざけていた。練習ではいつも調子がよいが、試合になると途端に勢いが無くなるのが彼女の特徴だった。
金沢が沖に色々言うのは、それだけ彼女に期待しているからだ。沖もそれがわかっているから、なんだかんだ言いながらも、金沢に言われるのは嫌いではないようだった。
「将元戦ではやっぱり香坂が先発で、榛名との継投かな?」
新堂の問いに金沢がうなずく。
「試合運びにもよるだろうが、榛名は早めに登板することになるだろう。将元の打線は強力だからな。将元に勝てばしばらくは楽できる。――そのあとの四回戦では榛名を休ませると思う。そうなると、飯田と丹波の出番が増えるかもしれないな」
「じゃああの一年生はわがチームの正捕手と初めてマトモに組むわけか………正直はるさわバッテリーはベンチの雰囲気悪くするし、あの一年が育ってくれたらそれに越したことはないというか―――」
金井の言わんとすることは他の三人もすぐに理解した。新堂が頷いて抑え気味の声で言った。
「あの二人、上手いんだけど一緒にいるとこっちまでギスギスしてくるよね。香坂が、練習場では試合よりひどいってこぼしてたよ。あー、うちレギュラーじゃなくてよかった」
「そうだよな……試合に勝っても勝った気がしないというか……。澤もあんな榛名によく付き合えるよね。ちょっと尊敬する」
「榛名はどうして澤にあんなに冷たいんだろう………前に何かあったのかな?」
 そう首を傾げる沖に、金沢は三カ月ほど前に榛名から聞いた話を思い出していた。
 
春休みの合宿中のことだった。例によって榛名と澤のイザコザが勃発し、駆け付けた金沢はウンザリしながらも事態を収集した。そしてその後に、長年疑問に思っていたこと――すなわち、なぜ榛名は澤に構うのか――を聞くことに成功していた。
金沢は前々から、榛名がなんだかんだいいつつも結局、澤に付き合ってやっていることが不思議だった。嫌いなら無視を決め込めばよいのに、わざわざ反応を返してやる彼女の行動原理が分からなかったのだ。
金沢のその問いに対し、榛名は沈んだ声で、すべて事故のせいだ、と答えた。そして、二人の確執について語り始めた。

榛名の母親は、七年前に車にひかれて死んでいた。百パーセント運転手の過失で、道のわきを歩いていたところを後ろからはねられたという。榛名が小学四年生の秋のことだった。
そして、そのときたまたま現場に居合わせた澤は、榛名の母親の死に責任を感じ、その時を境に代わってしまったらしい。
ショックと罪の意識からいつまでも逃れられぬ澤を放っておけないのだ、と榛名は告白した。
金沢はその話を聞いて以来、榛名が澤に多少暴言を吐いても目をつぶるようにしていた。一見、一方的に見える関係だが、榛名もまた彼女なりに相手を想っていることが分かったからだ。
彼女は、榛名から聞いたことを口外しなかったが、チームメイトの中でも特に敏感な者―――特に羽生など――は、今春から金沢の態度が微妙に変化したのを察知したようだった。そして最近、その変化の理由を聞かれた。
真実をありのままに伝えることはできなかったので、榛名がいくら言っても言うことを聞かないのでいい加減うんざりして、今年度からは成り行きを見守ることにしたのだ、と説明すると、一応は納得してくれたようだった。

金沢は、バッテリー二人の過去についていろいろと思い出しながら、当たり障りのない話題を探した。すると、タイミング良く、新堂が発した言葉によって話題が逸れていった。
「榛名も相当癖あるけど、澤も面白い選手だよねえ。チームメイトや投手の尻を叩いたりしないでしょ?それが捕手の仕事のはずなんだけどね。投手が何かやらかしても責めないし、変な所に送球されてクロスプレイになっても文句言わないし。菩薩?」
「あれは、一歩間違うと投手をダメにするタイプの捕手だよ。榛名はそれがわかっているから距離を置いてるのかもしれない」
沖は珍しく強い口調で言った。その言葉に、新堂は不思議そうに首を傾げた。
「投手たちには好かれてるけどね………?」
「それがダメなんだよ」
沖が首を振る。金沢も彼女と同意見だった。
「あんなやさしい捕手がいつも正面にいたら、簡単に自分の出来に満足するようになっちゃうだろ。失投しても逆球を投げても何も言われない。あれじゃただの壁も同然だ。投手を育ててやろうという気概がない。余程完璧主義で自分に厳しい投手以外は崩れるよ。――榛名は人にも自分にも厳しいタイプの典型だ。だから、澤は、投手を選ぶ捕手なんだ」
金井は尚も合点がいかないような顔をしていたが、新堂は納得したように頷いた。
「それ、香坂が言ってたことと同じだ。投げても投げてもブラックホールに吸い込まれてくみたいでまるで手ごたえがないって」
「香坂には却って、石神みたいなはっきり言うタイプの方がいいだろうな」
金沢がそう言い終わるのと同時に教師が入ってきたので、野球部の三年生四人はそれぞれの席に戻った。
 金沢は話を打ち切れたことに安堵して、ノートを開いた。
そして、ぼんやり授業を聞きながら榛名と澤を結ぶ絡まりあった糸のことを考える。その糸をほどけるのは、本人たちを置いてほかにいない。――彼女は妙に強い確信とともにそう思った。

関連記事



記事一覧  3kaku_s_L.png About
記事一覧  3kaku_s_L.png お知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 作品のご案内 
記事一覧  3kaku_s_L.png ジェンダー
記事一覧  3kaku_s_L.png 映画のレビュー
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png Links
記事一覧  3kaku_s_L.png 倉庫
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
【第3章 エースになりたい!】へ  【第1章 問題児】へ