更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

【  2018年11月  】 

解けぬ氷を描く画家 4 (完)

その他

2018.11.27 (Tue)

  やるせない気持ちを紛らわすように早足で歩いて最寄駅の近くのスーパーに行くと、流はいりもしない日用品やら食品やらを買い込んだ。レジを通って袋に力任せに買ったものを詰め込んでいる最中に、彼はふと我に返り、そして気づいた――自分は、怒っている。この強い感情は悲しみや切なさではない、怒りだ、と。 流は思わず手を止め、天を仰いだ。自分が最も毛嫌いしているはずの、そして、自分には無縁だと思っていたはずの欲望ま...全文を読む

PageTop▲

解けぬ氷を描く画家 3

その他

2018.11.26 (Mon)

  一応、流がアトリエということにしている部屋に入ってすぐに反応したのは予想通り菊野だった。「……素晴らしい……」 八畳ほどの部屋の中には所狭しと〝作品″の数々が並べられていた。壁の上の方には比較的小さめの、そして比較的気に入っている風景画をかけ、その下に大きな作品を壁に立てかけるようにして何枚も置いていた。学生時代に描いたものは一度大幅に整理して実家の自分の部屋に押し込んだので前よりは整理されていたが...全文を読む

PageTop▲

解けぬ氷を描く画家 2

その他

2018.11.12 (Mon)

  流が次に菊野と会ったのは、その約十日後だった。流はその日、敦也に会いに行った帰りにふと思いついて玉東の本屋――外界からは考えられないほど品数が乏しい、薄暗い感じの店――に寄った。そこに、曲がりなりにも絵画のギャラリーらしきものがあると聞いて、興味を惹かれたからだ。見知った顔を発見したのは、手狭な館内をブラブラと歩いているときだった。波打つ亜麻色の髪を後ろで高めに一つに括って、一枚の絵の前で立ち尽くし...全文を読む

PageTop▲

白銀楼物語スピンオフ 年表

その他

2018.11.07 (Wed)

 信は2054.1生まれ、秋二は2058.8生まれです(長編)『三銃士の誓いよ永遠に』 2070.9—76.3(中編)『兆し』 73.1『温泉に行こう!』 74.12『Parallel Lines』 75.6『色と光をもたらす者』 76.1—2『復讐するは我にあり』 76.3—4『金城鉄壁より強き・・・』【秋二ルート】 76.6『解けぬ氷を描く画家』 77.107-11(短編)『青葉の季節』 70.4末『団結すれば吉』 73.9『桜咲くころ』 75.4『寄席に行こう!』 75.7『西の風...全文を読む

PageTop▲

解けぬ氷を描く画家 1

その他

2018.11.04 (Sun)

         “Describe Adonis, and the counterfeit            Is poorly imitated after you;        On Helen’s cheek all art of beauty set,       And you in Grecian tires are painted new.”        アドーニスを描いてみても、その絵は       あなたを下手くそに模写したものでしかない       技巧を凝らして美しくヘレンを描いてみれば、        それは...全文を読む

PageTop▲

前月     2018年11月       翌月